発毛剤と育毛剤ではなにが違うんだろう

発毛剤と育毛剤ではなにが違うんだろう

髪の毛が薄いという状態の男性、女性はこの世の中にはたくさんいらっしゃると思います。

 

そして、ほとんどの人ができることならその薄毛を治したいと思っているのではないでしょうか。

 

薄毛を治すためにはいろいろな方法があるとされていますが、かなりメジャーなところとしては発毛剤や育毛剤を使ってやるというのが多いのではないかと思います。

 

発毛剤 リサーチ http://www.vbc-genomics.com/

 

しかし、この発毛剤と育毛剤の違いってなんなの?と言う人がほとんどだと考えられます。

 

実際に私の友達に発毛剤と育毛剤の違いって何?ときいたところまったく答えられない状態でした。

 

こんな状態では正しい髪のはやしかたというものはなかなか世の中につたわっていかないのではないかと思い、今回は発毛剤と育毛剤のちがいについてお話します。

 

最初に発毛剤というものはどんなものかというと、簡単にいってしまえばつるっつるの状態から髪の毛を生やすためにあるもので。

 

 

 

そしてもうひとつの育毛剤というものはどういうものかというと、まだ若干毛が残っている状態のときに使うことによって髪の毛を太くそしてたくましく育てるということが可能になってくる薬剤なのです。

 

そのため発毛剤と育毛剤というのは根本的に違うものなのでただし使い分けが重要です。

発毛剤の種類について

 

発毛剤には、内服するタイプと頭皮に塗るタイプがあります。

 

内服するタイプの代表的なものには、フィナステリドという有効成分が配合されています。

 

AGAという男性型脱毛症には男性ホルモンが深く関与していると言われていますが、このフィナステリドは男性ホルモンを抑制し、毛が抜けることを防ぐ薬剤です。

 

 

 

頭皮に塗るタイプのおもな発毛剤には、ミノキシジルが配合されています。

 

ミノキシジルは、毛細血管を拡張させて血圧を下げる作用があります。

 

この作用を利用し、頭皮の血行を良くして発毛を促そうとするものです。

 

発毛剤を使ったからといって、すべての人に効果があるわけではありません。

 

 

 

さらに、毛穴がなくなっている場合には発毛の可能性はほとんど期待できません。

 

毛穴があれば、またうっすらと細い産毛のような毛髪が毛穴から生えていれば、発毛剤を使用することで毛が生えてきたり、その毛が早期に抜けずに太く育つことへの希望が持てるのです。

 

発毛剤を長く使用するには、コスト面での問題があります。

 

市販されているものはもちろん高価ですし、病院に行っても今の時点では薬に保険は適用されないため、高いお金を払って治療を続けなければならないのです。

 

ただ、ジェネリックの発毛剤を使用すれば、コストを抑えることもできます。

すごい発毛剤に出会いました

 

私が今使っている発毛剤に出会ったのは、2年前のことでした。

 

それまではどんな発毛剤を使っても抜け毛は減る気配はなかったのですが、この発毛剤を使うようになってからは、あっという間に抜け毛が収まってくれました。

 

 

 

この発毛剤はネット通販でしか売っていないもので、すごい人気で生産が追い付かないそうです。

 

天然成分のみで出来ていて、頭皮にもすごく優しいのが売りの商品です。

 

価格は1本1万円と高いのですが、効果があまりにすごいので、飛ぶように売れているのです。

 

 

 

私がこの発毛剤を知ったきっかけは、同じように抜け毛で悩んでいる友達に教えてもらったことでした。

 

友達もこの発毛剤を使って抜け毛が収まったとのことでした。

 

私はこの発毛剤を使い出してすでに3本目になります。

 

もう使わなくても抜け毛に悩まされることはないように思うのですが、予防のために使い続けています。

 

最近では私と同じような悩みを持つ友達がいたら、いつもこの発毛剤を勧めるようにしています。

 

どの人もすぐに効果が現れるので、本当にすごい発毛剤なんだなと思いますね。

 

 

 

これ以上の発毛剤は手に入れることは出来ないんじゃないかと思います。

 

この発毛剤に出会って本当に良かったです。